STYLE PICK UP
by ADORE
Color
Selected by THREE Rie Omoto

今を自分らしく。
輝く女性にフィーチャーした
スペシャルコンテンツ。

Vol.4 RIE OMOTO
GLOBAL CREATIVE DIRECTOR

- COLOR -

ファッションもメイクアップも、色を楽しむ。

— ADOREのコートを着た感想を教えてください。

「ADOREの服は、動いた時にすごく美しいと思います。以前ADOREのビジュアル撮影に参加した時に、今を感じられる程よいトレンド感が素敵だと思っていました。今回のコートもシルエットが綺麗にまとまるように素材の厚みまですごく考えられていて、大人のモダンな洋服ですよね。洋服はやっぱり素材が大事だと思うんです。私はTHREEでプロダクトを開発するときは、色よりも先にテクスチャーから取りかかります。テクスチャーで色の出方が変わるから。ファッションも、素材で動いたときの服の見え方や雰囲気が変わってきますよね。」

— RIEさんがよく着る色は?

「私の好きな色は黒と赤とグレー。あとはネイビーとカーキをポイントで使ったり。ニュートラルな色は表情が変わるし、カーキも合わせる色によって印象が濃くなったり薄くなったりして面白いと思います。ただ最近は、予想外な色合わせがユニークで面白い。昔は合わせなかったような赤にオレンジとかね。自信を持って着て、しかも少し外したバランスだったらより楽しいです。」

— ファッションとメイクアップの融合は、
どのように楽しむといいのでしょうか。

「メイクアップもファッションも、核になるのは自分自身。気分や時代のムードを五感でキャッチして纏うように、メイクアップも同じで、こういう風にしたいなど自分の感覚に敏感になると、ふたつを上手く繋げられると思います。そして両方とも色を上手に楽しむことがキーなのではないでしょうか。私も黒が好きでよくモノトーンのコーディネートをしますが、赤いリップをつけたり、カラーのアイラインを引いたりと、スカーフやアクセサリーと自分の中でファッションとメイクアップの気持ちのいいカラーバランスを見つけるんです。そうすると気分に合わせて「今日はこのチョイスで行こう」とメイクアップを色々楽しめるんじゃないかな。女性にとって選択肢があるのは幸せなことだから。」

— 色を取り入れる楽しさはどんなことですか?

「メイクアップは自分を生き生きと見せるためのアクセサリーみたいなもの。全体を見て物足りなさを感じたらリップや目元で色を足してみたり。ベースメイクアップは、洋服の素材や季節感に合わせてテクスチャーをチョイスし、カラーメイクアップはそのときのムードで遊ぶことができますよね。自分の肌が少しだけ透けるようなテクスチャーを選ぶと初めての色も違和感なくつけることができると思います」

— THREEは繊細で都会的なカラーラインナップが支持を集めていますね。RIEさんが商品を開発するときの色のインスピレーションはどこから?

「日々目にするものが蓄積されていくのですが、空や光、雲の色、訪れた場所の太陽の色など自然からインスピレーションを受けることは多いです。あとは絵や音楽からも。私は音楽が結構好きなので、音楽から伝わってくるイメージを色で表現したりもします」

— ADOREとTHREEを楽しむ女性たちへ、メイクアップとファッションについてアドバイスをお願いします。

「日本の女性はすごく品がいいし、いつも綺麗にしている。だからこそ、もっとワンポイントで遊んでみても面白いのではないでしょうか。メイクアップは失敗しても落とせるから、ちょっと冒険して。そして、その歳にあったものを選ぶことが一番綺麗に見せられるし、自分を知ることは大切ですよね。毎シーズン、コレクションが発表されるタイミングはいい機会だから、その都度自分自身を見つめ直すと新しい発見があり、よりファッションもメイクアップも楽しいんじゃないかな」

ADORE×THREE
Color selected by Rie Omoto

今回は、THREEの「2018 AW コレクション WILD COSMIC CHILD」の中からRIEさんが選んだ色と、
ADOREの「ネイビー」「トープ」「レッド」の服とを組み合わせました。服とメイクアップをコーディネートするスペシャルな提案です。
今秋のおしゃれは、自分にベストなカラーリンクを楽しんで。

RED × COSMIC WONDER

赤い服はそれだけでチアフルな印象を与えるので、メイクアップはさりげない方がバランスがいいと思います。中に合わせるものにもよりますが、例えば黒などコントラストが強くなる場合は、顔にきちんとポイントを置くことが大切。アイメイクで赤みを取り入れ、口元、手元はニュートラルに仕上げるとシックです。

TAUPE × RUN WILD

トープはニュートラルな色なので、全体はニュートラルにまとめてリップだけ色を使うとメリハリが効いたメイクアップが完成します。特にリップに少しブラウンの色素が入っているとエレガント。ネイルもマットなど、テクスチャーで変化を取り入れ全体はあくまでニュートラルカラーでまとめるのがモダンです。

NAVY × SISTER MIDNIGHT

ネイビーはクールトーンでまとめるとモードな顔になると思う。青みがかったピンクの色は、グレイッシュさが合わさっているのでネイビーとも相性がいいんです。ファッションもメイクアップも全体を通してシックにまとめると大人の女性が楽しめるスタイリッシュなネイビーの装いが完成すると思います。

PRESENT
-Online Limited-

スペシャルコンテンツに掲載の対象3アイテム をご購入の方へ、 THREE Global Creative DirectorのRIEさんセレクトのTHREE新作コスメをADOREよりプレゼントします。 RIEさん本人が選んだコスメとのスペシャル企画! 数量限定のため、お求めはお早めに。

※ 購入カラーにより、コスメカラーが異なります。商品購入ページより詳細をご確認いただけます。

Rie Omoto

世界を舞台に活躍するRIE OMOTOは、現代を代表するメイクアップアーティストの一人。20代で早くもパリにその才能を開花させ、ピーター・リンドバーグやスティーブン・クラインなどトップレベルのファッションフォトグラファーから指名を受ける。その後ニューヨークに拠点を移し、VOGUE、ELLE、NUMEROをはじめとする国内外のモードマガジンにて、表現力と吸引力に満ちたメイクを発表。写真家のソフィア&マウロ(THREEのビジュアル撮影も担当)や、パメラ・ハンソン、サラ・シルヴァなど、著名なアーティストとのコラボレーション作品も後を絶たない。
「私がしたいのは、一人ひとりが自分の奥に秘めている“素晴らしい何か”を表現するメイクです。
鏡に映る今の表情より、さらに深い魅力があなたの中にきっと眠っているから」

STAFF CREDIT

THREE Global Creative Director : RIE OMOTO
Photographer : TAKAKI IWATA
Writer : AYA SASAKI
Art Director : AI NAKAI

OTHER COLUMNS