STYLE PICK UP
by ADORE

今を自分らしく。
輝く女性にフィーチャーした
スペシャルコンテンツ。

Vol.3 NAOKO TSUJI

- SKIRT -

女性らしさを存分に楽しむスカートの魅力

——スカート選びで外せないこだわりはありますか?

「デザインはその時々でシーズンの気分を取り入れて行きますが、選び方で昔から変わらない軸は、ジャストウエストやハイウエストのスカートということ。体型的にもウエスト位置を固定することでバランスを取ることは、外せないポイント。」

——トップスの合わせ方にルールはありますか?

「すごくシンプルなものを合わせます。今日のようなT シャツも多いです。スカートのデザインを引き立たせたいのと、髪をダウンスタイルにすることも多いので、甘いデコレーションのあるトップスや、ふんわりとしたブラウスなどは合わせないです」

——どんな点に気を配ると似合うスカートに出会えますか?

「自分の好きな丈を見つけたら、それをキープして異なるシルエットや違う色を着ると、まずはバリエーションが増えて行くと思います。そして次に、今まで着たことのない丈にも挑戦するとスカートを履く楽しみが広がるはず。常に同じ丈、同じ色など定番化するよりファッションがどんどんアップデートされて面白くなると思います」

——辻さんにとって、スカートはどんな存在ですか?

「子供の頃から大好きでしたし、私にとっては当たり前にクローゼットにあるもの。それこそ色も形もたくさんのバリエーションがあります。そしてデザインによって所作や立ち居振る舞いも変わってくるのがスカートだと思うんです。そういったことも含めて着こなしていくことは、洋服を通じて女性らしさを楽しむことにも繋がると思っています」(笑)」

——辻さんが思う ADORE らしさとは?

「今を表現するために簡単に服作りをするブランドも多いなか細部にまで気を配っていて、ADOREはひとつひとつが丁寧。
お洋服を手に取ると、自分に手間をかけるという女性らしさを思い起こします」

STYLE 1

スカートでスポーティさを取り入れる

ミモレ丈以上の長いスカートは、チェック柄、ラップ、サイドのボタン使いといくつものエッセンスが盛り込まれていて表情が単調にならないところがすごく好きです。特に赤のベルトはスポーティさもあるので足元は華奢なヒールを。スポーツミックスもスカートを軸に考えるとフェミニンなスタイルとして楽しむことができます。またジャストウエストですが、ベルトがあるので自分のバランスでハイウエストにもできるなど、着こなしの幅も広がる一着です。

STYLE 2

歩いた時に美しい表情が生まれるスカート

少しラップされているユニークなデザインは、歩くとより美しいスカート。動いた時に面白い表情を見せてくれる服は着る楽しみをより感じられると思います。ふわっとしたデザイン性を活かすために、トップスはコンパクトに黒のTシャツを合わせました。私は紺を着るときは頻繁に黒を選びます。夏は爽やかさから白を手に取る方も多いと思いますが、大人の女性には黒×紺の組み合わせは上品さとモダンさを引き出してくれる好相性のカラーバランスです。

辻 直子(つじ なおこ)/スタイリスト

雑誌『BAILA』『Marisol』『otona MUSE』など数多くの女性誌で活躍し、女優やタレントのスタイリングも手掛ける人気スタイリスト。CMや広告でのスタイリングやブランドのディレクション、コラボレーションなども行う。フェミニンで品良く、女らしいコーディネートは多くの女性から高い支持を得ている。

NAOKO’S PICK UP ITEMS

ハリのある素材は、綺麗な表情が出るので体型を選びません。高めのウエスト位置で切り替わるデザインだからバランスもよく見えます。

コーディネートの仕上げに色を刺すという意味でも、小物に意外性のあるカラーを選ぶと全体に奥行きが生まれます。存在感のあるミニバッグは鮮やかな色を効かせて。

大振りのイヤリングは、まとめ髪はもちろんダウンスタイルにも重宝。髪の隙間からキラリと揺れる感じは上品で大人ならではのアクセサリーの楽しみ方だと思います。

STAFF CREDIT

Stylist : NAOKO TSUJI
Photographer : KAORI IMAKIIRE
Hair & Makeup : TOMIE
Writer : AYA SASAKI
Art Director : AI NAKAI
Location:POINT NEUF

OTHER COLUMNS